スポンサードリンク

講演会

7つの習慣の講演会も全国で開催されています。

講師はほとんどが、7つの習慣を日本でプロデュースしたジェームススキナーです。
もちろん、フランクリンコヴィー社の講師による講演会も開催されていますが、
ネット上で検索した場合は、ジェームスが多いのです。

それなりに大きな会場で開催されますが、毎回ほぼ満席になるようです。
内容に満足できなかった場合は、返金保証もついている場合もあるようで、
内容にはかなり自信があることがうかがえます。

7つの習慣に興味があるというよりも、ジェームススキナーの熱狂的なファンの
人の参加の方が多いような気がします。

講演会の様子を収録した、7つの習慣のDVDも発売されています。
高額にもかかわらず、こちらもかなりの人気です。

個人的には、講師として上原隆にも登場してもらいたいのですが。
現在の彼がどのようなことを話すのかが非常に興味があります。

今は、本業のほうでの講演がメインとなっているようです。


P.S 上原隆さんは、7つの習慣のインストラクターライセンスを当時最年少で
取得し、現在は、(株)インテリジェンスで新規事業会社の創業メンバーとして
活躍されています。

7つの習慣Jとは?

7つの習慣Jは、米国で生まれた、ビジネスの成功に必要な考えを集約した
7つの習慣を基に、小中学生向けに開発された教育プログラムです。

子ども達の自発的な意欲を引き出し、学習力とともに人間力も育む理想的な
指導法として注目されています。

以下の7つが、7つの習慣Jです。

1.自分が選択する
2.終わりを考えてから始める
3.一番大切なことを優先する
4.Win-Winを考える
5.まず、相手を理解してから次に理解される
6.相乗効果を発揮する
7.自分を磨く

7つの習慣Jは、対象が学生向きということで、学習指導塾などでカリキュラムと
して取り入れているところも増えてきているようです。

単に受験の為の勉強ではなく、「何のために勉強するのか?」「自分は将来何が
したいのか?」というようなことも自分自身で考え、自分の目標を見つけられる
ようになるという意味では、とても有効だと思います。


公式サイトでは、7つの習慣Jのエッセンスをまとめた資料を無料でもらえます。

また7つの習慣Jの授業の様子を見ることもできます。

成績の向上はもちろんですが子どもの人格形成や良い生活習慣を身に付けさせる
こと関心のある方は、是非7つの習慣Jを参考にしてみて下さい。

インストラクター

7つの習慣のインストラクターの資格を取るために全国でも色々な場所で合宿が
行われています。

7つの習慣を自分が社内で教えるためのファシリテーター資格を取得するための
研修に多くのエグゼクティブが参加しています。

7つの習慣社内インストラクター養成コースでは、基礎原則〜第3の習慣までに
約7割の時間を割きます。

第4〜第7の習慣は、第3までの習慣がよく理解できて身についていればいるほど
スムーズに進みますので、あまり重点を置いていないのだと思います。


最初は、早朝から深夜までひたすら勉強、勉強といった感じです。

このコースの延長線上に「リーダーの4つの役割」というのがありますが、
それは組織がどうあるべきか?といったような内容ですので、組織の管理者と
しては、役に立つとは思いますが、全ての人に役に立つものではないでしょう。

7つの習慣インストラクターコースの受講者の声を聞いてみると評価はかなり
高いようです。

気になる人は、サイトで内容を確認してみるのもいいでしょう。

実際にインストラクターになった人のサイトなども参考になると思います。

7つの習慣と手帳

7つの習慣を本格的にやってみたい人には、フランクリンコヴィー社から
システム手帳が発売されています。

わたしたちは、仲間同士では、フランクリン手帳と呼んでいます。

厚手のしっかりした作りで、使い勝手もいいです。
時間管理を効率よくしたい方にはおすすめです。
タイムマネジメントというやつですね。

最優先事項が明確になり、生産性は格段にアップします。
急いで片付けなければならないと思っていることでも、重要でないことに
今まで時間を使っていたことに驚きました。

普通の手帳と比較するとリフィルは高いと感じる人もいるかも知れません。
でも、売り切れることも多いので早めに入手する方がいいでしょう。

付属の説明書や、タイムマネジメント関連の本を参考にしても、初めての人が
十分活用するのは難しいかもしれません。

やはりセミナーを受けるのが最適だと思います。
値段もそれなりにしますが、十分受講に値すると思っています。

詳しくは、フランクリンコヴィー社のホームページでも確認できます。


7つの習慣の学習と平行してこの手帳を使い始めると、1年後に手帳を
見直したときに確実に成長している自分に気が付くことでしょう。

7つの習慣の本

7つの習慣は、1990年に初版が出版されました。以来1500万部以上を
売り上げ、今でもベストセラーを続けるビジネス書です。

著者は、スティーブン・コヴィーです。
国際的にもリーダーシップ研究の第一人者として高い評価を受けています。

7つの習慣を身につける前に、スティーブンが「パラダイムシフト」と呼ぶ、
世の中の仕組みに対する認識と解釈の転換をまず実現する必要があります。

7つの習慣というのは、シンプルながら奥の深い以下の7つです。

1.主体性を発揮する
2.目的をもって始める
3.重要事項を優先する
4.Win-Winを考える
5.理解してから理解される
6.相乗効果を発揮する
7.刃を研ぐ

さらっと読み流して終わるのではなく、何度も読み返しながら、実践をまじえて
習慣化していくという内容です。

一朝一夕にはいかないので、時間が必要です。

この7つの習慣を体得すれば、人格が高まり、効果的な自己実現や充実した
人間関係を実現できることでしょう。 

注釈なども多いことから、これを読み終えた読者は、まるでスティーブンの
セミナーを受けたようだという感想を持つことも多いとか。

主な続編としては、「ファミリー 7つの習慣・家族実践編」
「7つの習慣 最優先事項」「第8の習慣 効果から偉大へ」など。

続編だけに、7つの習慣を理解していない人にはおすすめできません。